取り立て行為

貸金業者からの違法な取り立て

貸金業者から金銭を借りれば、当然賃借契約に基づき毎月の支払いを履行する義務があります。もしも契約で締結した支払い額を履行しなければ、当然督促行為を受けることになります。現在では、初期の段階では電話による問い合わせがあります。ほとんどの人はうっかりによる支払いミスが多いことから、電話の問い合わせで問題は解決してしまいます。

しかし、電話が繋がらなかったりした場合は、郵送による督促状の配布になります。督促の第二段階ということです。そして、それでも問題解決にならなければ、法律に基づいた督促に移っていくことになります。これは各業者によって相違がありますので、どの程度の督促になるかは一律には断定できませんが、大手などは債権回収業者へ債権を譲渡するのが現在の主流となっています。

貸金業者からの違法な取り立て

違法な取り立て行為をする業者に問題があることは論を待ちませんが、金銭を賃借した上でその金銭を支払わない側にも問題がないわけではありません。そこは誤解のないように自答したほうがいいかもしれません。

しかし違法な取り立て行為を敢行し、人を夜逃げや自殺にまで追い込んで業者の存在は貸金業者にとって忌まわしい過去の行いであることは間違いありせん。ほんの数十年前には大手と称されていた消費者金融が、堂々と上記のような違法行為をしていたのですから。

違法な取り立て行為を敢行してくるうような業者に対しては、たとえ支払い不能状態に陥った引け目があろうとも、断固とした処置をとることが重要です。

家や職場への取り立て

家庭を持っている人にとったら直接自宅へ取り立てに来られることは、かなりの精神的負担になります。しかも取り立てに来る取り立て屋の多くがガラの悪い人間であることも、精神的苦痛に拍車をかけることになります。

また、取り立て屋は自宅以外にも職場へ押しかけることもあります。職場の人間に借金をしていることがバレてしまうことになりますし、上司や社長に知られることで今後の仕事に影響を及ぼすことも考えられます。

したがって、支払いが出来なくなって滞納してしまう以上、事情を貸金業者に説明することが重要です。逃げることで、家庭や職場に影響が及んでしまいます。

保証人の場合

もしも他人の借金の保証人になっていて、その人が支払い不能に陥った場合、保証人は借りた人間の代わりとして弁済の義務が発生してきます。もしも弁済が出来なければ、借りた人と同様に取り立て行為が及ぶことになります。たとえ他人の借金だとしても、借りた人と同様に返済義務を負うということです。