審査の甘い消費者金融

審査に通らない理由

借入件数が増えてくると新規融資の申し込みをしても簡単には審査に通してくれません。そこで更に審査基準の緩い業者を探して借りると、それとも他の解決法を探すかは本人の判断です。

消費者金融等の貸金業者はお客にキャッシングをさせてそれによって得られる金利で収益を上げている会社です。これは大手でも中小でも同じ原理で、金融業者は顧客にお金を貸さないことには一円も利益を得ることが出来ないというのは共通していることです。

そんな金融業者であるからして、「今回のご融資は見送らせていただきます」といった融資却下の連絡を受けるような方は、いかにお金を貸すには信用が低いとみなされたと認識しなくてはならないでしょう。そういった却下の通知をされた方には共通することがあるはずです。

  • 他社から複数の借り入れがある(多重債務者)
  • 収入に不安がある(アルバイト、パート、派遣社員)
  • 収入がない(無職、専業主婦)
  • 信用情報機関のブラックリストに登録されている(ブラックリスト)

審査に通らないのはだいたい上記の項目に該当するタイプだと思います。特に無職者とブラックリスト登録者は、いかに審査基準の甘い消費者金融といえどもほぼ100%審査に通ることは不可能と考えたほうが無難です。もしも借りれるとすれば、貸金業登録をしていない非合法な業者ということになりますが、そこに手を出すのは回避されたほうが得策かと思います。

消費者金融の種類

大手中堅零細

消費者金融を分類すると「大手」「中堅」「中小(零細)」に分けることが出来ます。大手とはアコムやプロミスといった銀行系の消費者金融のことで、知名度やサービス体系では中堅以下の消費者金融では足元にも及ばないのが実態です。その証拠に、全国の消費者金融貸付額の半分以上がこの大手数社で独占しているのです。

そんな大手銀行系ですが低金利での融資と引き換えに、審査基準を厳しく設定されており、多重債務者や収入に問題があるような信用力の低いタイプの人では、審査に通らないようなシステムになっています。ようするに毎月きちんと支払いをしてくれる優良客のみを相手にしているわけで、信用の低い人ははなから相手にしないというスタンスといってもいいでしょう。

融資の申し込み

融資の申し込みをするには、「web申し込み」「店舗での申し込み」「電話での申し込み」などがありますが、現在一番主流となっているのがネットを利用したwebです。スマホやパソコン等のネット環境があれば簡単に24時間いつでも申し込みが可能ですし、何よりも誰にも合わなくて済みますのでプライバシーも守れます。

ただ、web申し込みが可能な金融業者は限られてきますので、その数は限定されてしまうのがネックといえますが、その希少な業者を紹介したいと思います。

0現在の借入状況に応じた融資先をご提案
消費者金融案内

虚偽広告には要注意

ネット上には溢れんばかりの虚偽を記した広告が出回っています。例えば、「無審査で借りれます」「個人間融資可能」「絶対借りれます」といったタイトルをつけて宣伝しているサイトも多く、これらは何れも多重債務者やブラック登録者を狙った広告であることは一目瞭然です。もはや金策に苦心して息も絶え絶え状態の人に向かって、甘言を呈して更に残り少ない金銭を搾り取ろうするのですから、悪質極まりない行為です。

こういった誇大広告の大半は自分でお金を貸すわけでもなく、貸してくれる業者を紹介するだけの紹介屋であることが殆どなのです。そして紹介するにあたって高い手数料を受け取ることになりますが、早い話しが手数料目的に客引きをしているだけのことなのです。

また、無審査で借しますといった広告にしても、これらはクレジットカードを利用した現金化のことであって、彼らは金融業者でもありません。保有しているクレジットカードで商品を購入させて、それを買い取って現金を渡すというシステムで、10万円程の商品を購入すれば振り込まれてくる額は半分くらいだと考えたほうがいいでしょう。これも高い手数料を支払わされていますので、よくよく考えたほうがいいでしょう。

お金を借りる理由

借入審査について

貸金業者からお金を借りるには必ず審査があります。無審査でキャッシングが可能とかの広告を出しているwebサイトも見られますが、審査無しで融資をする業者などあるはずがありません。無審査融資の殆どがクレジットカードの商品枠を使った現金化です。これは違法行為で闇金融と同類なので絶対に手を出してはいけません。

消費者金融の審査に通るためには、審査基準をクリアする必要があります。審査基準をクリアしてこそはじめて審査を通過して、お金を借りることが出来るのです。審査の内容は、現在の収入、借金の額、勤続年数、過去の借金履歴、などの項目を総合的に判断して審査が行われます。無職や専業主婦では審査に通らないので注意して下さい。